トップページ > お知らせ
お知らせ
平成28年度 低温技術講習会 開催のお知らせ
日時:平成28年4月27日(水)13:00~16:00
場所:大岡山 本館1階H111講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。
 低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。
「低温技術講習会のお知らせ」(pdf)
(更新:2016年4月13日)
組織名称変更のお知らせ
2016年4月1日に、極低温物性研究センター(Reseach Center for Low-Temperature Physics)から極低温研究支援センター(Research Support Center for Low-Temperature Science)に組織の名称が変更になりました。
(更新:2016年4月13日)
韓国の大学からの見学
2016年1月26日(火)に、韓国の大学から、学生4名、教員1名の見学がありました。
(更新:2016年1月29日)
平成27年度 極低温物性研究センター研究発表会
2016年1月27日(水) 13:20-16:30、大岡山キャンパス 本館2階 H284A室
(更新:2016年1月14日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム
 年末最終 平成27年12月24日(木)
 新年最初 平成27年 1月 7日(木)[1月12日(火)も供給]
 ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素および回収ステーション利用
 年末最終 平成27年12月28日(月) 正午まで
 新年最初 平成28年 1月 4日(月) 朝8:30より
「年末年始の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2015年12月3日)
量子物理学・ナノサイエンス第136回セミナー 開催のお知らせ

題目: Reversible Avalanches and Criticality in Amorphous Solids
講師: Dr. Charles Reichhardt ((Theoretical Division, Los Alamos National Laboratory))
日時: 平成27年11月19日(木)16:00-
場所: 大岡山キャンパス 本館2階 H284A・B 物理学科輪講室
主催:東京工業大学 ナノサイエンス・量子物理学国際研究センター
共催:東京工業大学 極低温物性研究センター、
   東京工業大学 「ナノサイエンスを拓く量子物理学拠点」、
   東京工業大学 大学院理工学研究科基礎物理学専攻・物性物理学専攻

量子物理学・ナノサイエンス第136回セミナー(pdf、印刷用)

(更新:2015年11月6日)
夏休み中の寒剤供給
液体ヘリウム: 供給休止期間8月10日(月)-8月17日(月)
(ヘリウムガスの回収は常時行っています。)
液体窒素: 供給休止期間 8月13日(木)-14日(金)
        
(更新:2015年7月9日)
平成27年度 極低温物性研究センター講演会 開催のお知らせ

題目: 液晶の「量子渦」乱流が見せる非平衡臨界現象の世界
講師: 竹内 一将 氏 (東京工業大学 大学院理工学研究科物性物理学専攻・准教授)
日時: 平成27年6月24日(水) 15:30-17:00
場所: 大岡山キャンパス 本館3階理学系第2会議室

平成27年度 極低温物性研究センター講演会(pdf)

(更新:2015年6月12日)
平成27年度 低温技術講習会の資料公開
低温技術講習会の資料を一部公開しました。
(更新:2015年5月7日)
平成27年度 低温技術講習会 開催のお知らせ
日時:平成27年4月30日(木)13:00~16:00
場所:大岡山 本館2階H121講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。
 低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。

また、講習会開催に伴い, 液体ヘリウムの供給を翌5月1日(金)にずらします。ご理解, どうぞよろしくお願いいたします。
液体ヘリウム供給: 4月30日(木)5月1日(金)

「低温技術講習会・液体ヘリウム供給日の変更のお知らせ」(pdf)
(更新:2015年4月9日)
新センター長の就任について
2015年3月31日に、今まで極低温物性研究センターセンター長であった腰原伸也教授の任期が終わりました。2015年4月1日から藤澤利正教授が新センター長として就任しました。
(更新:2015年4月3日)
【重要】He注文システム一時休止及び入試日の寒剤供給休止のお知らせ
(1) 2月10日(火)11日(水:祝日)はヘリウム注文システムwebでの注文を一時休止いたします。
 webでの注文は9日(月)か、12日(木)の午前中にお願い致します。電話での注文確認は10日(火)までに行ってください。
(2) 入試日の2月25日(水)26日(木)は、液体窒素供給・ヘリウム回収ステーション・ヘリウム供給を休止いたします。(どうしても問題がある場合には、個別にご相談ください)

 以上、ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
「He注文システム一時休止及び入試日の寒剤供給休止のお知らせ」(pdfファイル)
(更新:2015年2月3日)
人事公募
極低温物性研究センターで働く技術員を公募しています。応募の締め切りは2月13日です。
業務内容は、「ヘリウム液化装置の運転・維持・管理および液体ヘリウムの汲出・供給・液体窒素の管理(汲出は自動化されている)・上記業務に付随する簡単なパソコン入力、事務等・利用研究室の学生への対応、技術指導等」です。

公募に関しては「東京工業大学 | 教職員公募情報一覧」にも記載されています(「極低温物性研究センター」でページ内検索をすればすぐに見つかります)。詳細は、pdfファイルをご覧下さい。
(更新:2015年1月28日)
平成26年度 極低温物性研究センター研究発表会
2015年1月27日(火) 13:20-16:45、大岡山キャンパス 本館3階 第2会議室(345号室)
(更新:2015年1月14日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム
 年末最終 平成26年12月24日(水)[12月22日(月)は休止]
 新年最初 平成27年 1月 6日(火)[1月8日(木)も供給]
 ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素および回収ステーション利用
 年末最終 平成26年12月26日(金) 正午まで
 新年最初 平成27年 1月 5日(月) 朝8:30より
「年末年始の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2014年12月3日)
夏休み中の寒剤供給
液体ヘリウム: 供給休止期間 8月11日(月)-8月18日(月)
ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素: 供給休止期間 8月11日(月)-8月14日(木)
(更新:2014年7月24日)
平成26年度 低温技術講習会の資料公開
低温技術講習会の資料を一部公開しました。
(更新:2014年5月22日)
平成26年度 低温技術講習会 開催のお知らせ
日時:平成26年5月16日(金)13:00~16:00
場所:大岡山 本館1階H111講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。
 低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。
(更新:2014年4月11日)
平成25年度 極低温物性研究センター研究発表会
2014年1月24日(金) 13:20-16:45、大岡山キャンパス 本館1階 H117講義室
(更新:2014年1月10日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム
 年末最終 平成26年12月24日(水)[12月22日(月)は休止]
 新年最初 平成27年 1月 6日(火)[1月8日(木)も供給]
 ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素および回収ステーション利用
 年末最終 平成26年12月26日(金) 正午まで
 新年最初 平成27年 1月 5日(月) 朝8:30より
「年末年始の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2014年12月3日)
夏休み中の寒剤供給
液体ヘリウム: 供給休止期間 8月11日(月)-8月18日(月)
ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素: 供給休止期間 8月11日(月)-8月14日(木)
(更新:2014年7月24日)
平成26年度 低温技術講習会の資料公開
低温技術講習会の資料を一部公開しました。
(更新:2014年5月22日)
平成26年度 低温技術講習会 開催のお知らせ
日時:平成26年5月16日(金)13:00~16:00
場所:大岡山 本館1階H111講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。
 低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。
(更新:2014年4月11日)
平成25年度 極低温物性研究センター研究発表会
2014年1月24日(金) 13:20-16:45、大岡山キャンパス 本館1階 H117講義室
(更新:2014年1月10日)
平成25年度 極低温物性研究センター研究発表会
2014年1月24日(金) 13:20-16:45、大岡山キャンパス 本館1階 H117講義室
(更新:2014年1月10日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム: 年末最終 平成25年12月19日(木) 新年最初 平成26年1月9日(木)
液体窒素および回収ステーションの利用: 年末最終 平成25年12月27日(金)正午まで 新年最初 平成26年1月6日(月) 朝より
「年末年始の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2013年12月2日)
夏休み中の寒剤供給
液体ヘリウム: 供給休止期間 8月12日(月)-8月16日(金)
ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素: 供給休止期間 8月12日(月)-8月15日(木)
(更新:2013年7月16日)
液体ヘリウム供給、ほぼ復旧のお知らせ
液体ヘリウムの供給がほぼ復旧しましたのでお知らせいたします。 ただし、まだ完全な復旧ではなく、また値上がり幅も大きいため、今後とも回収率向 上へのご理解、ご協力をお願い申しあげます。
(更新:2013年6月7日)
平成25年度 低温技術講習会の資料公開
低温技術講習会の資料を一部公開しました。
(更新:2013年5月20日)
液体ヘリウム一部供給再開のお知らせ
液体ヘリウムの供給を再開をしました。(制限有り) 
(更新:2013年5月20日)
平成25年度 低温技術講習会 開催のお知らせ
日時:平成25年5月17日(金)13:00~16:00
場所:大岡山 本館1階H111講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。
(更新:2013年4月11日)
新センター長の就任について
2013年3月31日に、今まで極低温物性研究センターセンター長であった森健彦教授の任期が終わりました。2013年4月1日から腰原伸也教授が新センター長として就任しました。
(更新:2013年4月1日)
平成24年度 極低温物性研究センター研究発表会
2013年1月21日(月) 13:20-17:10、大岡山キャンパス 本館3階 理学部第2会議室
(更新:2013年1月12日)
エレベーターの停止について
2012年12月28日(金)午後5時頃~2013年1月7日(月)午前9時頃に、学内のエレベーターの多くが停止します(本館、東1号館、東2号館、南5号館、極低温実験棟含む)。寒剤の入った容器等を運ぶ必要がある方はご注意下さい。
(更新:2012年12月25日)
【重要】液体ヘリウムの供給制限について
ヘリウムガスの購入ができない状況が続いています。このことより、1月後半から液体ヘリウムの供給ができなくなることが予測されます。実験装置を止める事もご検討下さい。
今まで実験装置から液体ヘリウムを枯らしたことがない場合は特にご注意下さい。今後の対処法について、実験装置を納入した業者の方と予め相談しておくことをお奨めします。
以下のリンク先のpdfファイルも併せてご覧下さい。
「液体ヘリウム利用者の皆様」(pdfファイル)
(更新:2012年12月7日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム: 年末最終 平成24年12月20日(木) 新年最初 平成25年1月10日(木)
液体窒素および回収ステーションの利用: 年末最終 平成24年12月28日(金)正午まで 新年最初 平成25年1月7日(月) 朝より
「年末年始の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2012年12月7日)
12月3日(月)は液体ヘリウム供給休止します
12月3日(月)は東京都による立ち入り検査のため、供給を休止します。前後の供給日に注文をしてください。実験日程の都合上、3日(月)に供給を希望される場合にはご相談下さい。
【追記】12月4日(火)に供給を行います。11月30日(金)までに注文をお願いします。
(更新:2012年11月16日)
【重要】液体ヘリウムの供給制限について
いくつかの理由により、年内(及びそれ以降)の液体ヘリウム供給が厳しくなる可能性があります。当面の間、液体ヘリウムを大量に使用する実験の延期などの、ご協力をお願いします。詳細は、pdfファイルをご覧下さい。「液体ヘリウムの供給制限について」(pdfファイル)
(更新:2012年11月14日)
夏休み中の寒剤供給
液体ヘリウム: 供給休止期間 8月13日(月)-8月22日(水)
休業明けの8月23日に供給を希望される研究室は、8月10日(金)までにご注文下さい。
ヘリウムガスの回収は常時行っています。
液体窒素: 供給休止期間 8月13日(月)-8月14日(水)
(更新:2012年7月20日)
平成24年度 低温技術講習会
日時:平成24年5月18日(金)13:00~16:00
場所:大岡山 本館1階H101講義室

本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席下さい。低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席下さるようお願い申し上げます。
(更新:2012年4月13日)
異動
出町俊彦助教が2012年3月31日で退職しました。2012年4月1日からは、総合プロジェクト支援センターの教育研究支援員として極低温物性研究センターにて勤務します。
(更新:2012年4月1日)
人事公募
極低温物性研究センターで働く教育研究支援員を公募しています。公募の締め切りは2月15日です。
業務内容は、「ヘリウム液化装置の運転・維持・管理および液体ヘリウムの汲出・供給・液体窒素の管理(汲出は自動化されている)・上記業務に付随する簡単なパソコン入力、事務等・利用研究室の学生への対応、技術指導等」です。

詳細に関しては、東京工業大学 | 教職員公募情報一覧の、総合プロジェクト支援センター(極低温物性研究センターへ派遣)の所にある、pdfファイルをご覧下さい。
(更新:2012年2月1日)
平成23年度極低温物性研究センター研究発表会
2月13日(月)13:20-17:35、大岡山キャンパス 本館3階 理学部第2会議室
(更新:2012年1月28日)
年末年始の寒剤供給
液体ヘリウム: 年末最終 平成23年12月22日(木) 新年最初 平成24年1月10日(火)
液体窒素および回収ステーションの利用: 年末最終 平成23年12月28日(月)正午まで 新年最初 平成24年1月5日(木) 朝より
(更新:2011年)

更新情報
2012年5月30日
リンク集を更新しました。
2012年1月28日
ホームページの構成を新しくしました。
2011年12月15日
ホームページをリニューアルしました。