トップページ > 寒剤供給・液化機

寒剤供給・液化機

寒剤の供給業務

センターにおける液化・供給業務

高圧ガス取り扱いの資格を有する技術職員・技術員各1名が、ヘリウム液化装置の運転・管理を担当し、学内利用者に対する 液体ヘリウムの供給(年間45週以上)、および使用されたガスの回収、精製、再液化(リサイクル)作業を行っています。寒剤供給を通して、学内の低温関連 研究者はもとより、低温を専門分野としない(寒剤として液体ヘリウムを使用するだけの、超伝導磁石や、NMR装置利用者)研究者の研究もサポートしています。さらに、平成8年度から開始した液体窒素の供給業務も続けています。

供給を受けるには

研究室の教員を通して、センターの利用申請をしていただきます。また、新規利用者は毎年5月に実施される低温技術講習会に出席していただくことになっています。

液体ヘリウムの供給方法

あらかじめ必要な量をセンターへ知らせ、容器をセンターまで運んでもらえれば、容器への液体ヘリウムの充填作業はセンター職員が行います。学内向け情報のページにある「液体HeのWebによる注文の方法」(学内のみアクセス可能)をご覧下さい

供給日(注文締め切り):月曜日(前の週の金曜日)と木曜日(その週の火曜日)の2回

写真:寒剤の供給業務1

5,000リットル貯槽からの液体ヘリウムの汲み出しポート.2本のトランスファーチューブによって、2つの小分け容器に同時に汲み出すことができる。

液体窒素の供給方法(→取り扱い説明)

自動供給装置によるセルフサービス方式で行います。「液体窒素自動供給装置の使い方」をご覧下さい。

供給日および時間: 月曜日から金曜日までの8:30-18:00(原則として1階液化室の職員(藤澤・金本)が滞在する時間帯)。休日や深夜でも緊急時には、2階にセンター教員(大熊;内線3252)が滞在する場合に限りできるだけ供給をしますのでご相談下さい。

写真:寒剤の供給業務2

手前の小屋の中に液体窒素自動供給装置がある.

供給実績

液体ヘリウム供給量の推移

大岡山キャンパスにおける液体ヘリウムの需要は、極低温エネルギー実験センター時代は年間わずか数千リットル程度 でしたが、平成3年度に現在の極低温システム研究センターが発足してからは大きく延び、20,000リットルに迫るようになってきました。この要求に応えるため、平成7年度にはヘリウム液化システムの更新が行われ、8年度からは大型の液化装置による運転がスタートしました。これにより、大量の液体ヘリウム の安定供給が可能となり、利用者への供給単価に直結する液化コストも大きく下がることになりました。これはさらに、これまでの潜在的なユザーを新たな利用 者として加える効果も生み、供給量はさらに加速度的に増加しました。平成9年度には32,000リットルの供給量を記録しましたが、これは、わずか2年前 の液化システム更新直前の供給量の2倍、また旧エネルギー実験センター時代の4倍にものぼる数字です。

平成22年度末に新しいヘリウム液化装置が設置されました。平成23年度の液体ヘリウムの供給量は約61000Lになり、次年度以降の供給量も増えていくはずでし た。しかし、平成24年度は約51000L、平成25年度は約41000Lと大幅に供給量が減少しました。これは平成24年度の秋頃から、原材料のヘリウムガスの購入が困難になったことに由来します。平成25年度の夏頃から、単価は高くなったものの、ほぼ必要なヘリウムガスを購入できるようになりました。平成26年度の供給量は 約52000Lになり、今後再び需要が増えていくと見込まれます。

液体窒素の供給

平成7年度に、ヘリウム液化装置が更新されると同時に大容量の液体窒素貯槽が導入され、以来、液体ヘリウム利用者に対して液体窒素の供給業務も続けています。汲み出しは完全に自動化され、利用者が好きな時間に供給を受けられるようになりました。このことは、利用者の研究効率の向上に大きく貢献しました。

利用研究室一覧

平成26年度の極低温物性研究センター利用研究室の一覧です。「He:液体ヘリウム、N:液体窒素、実:共通実験室」の利用を意味します。

  • 物性物理学
    • 田中研究室 He, N
    • 江間研究室 N
    • 山本研究室 He, N
    • 吉野研究室 He, N
    • 奥田研究室 He, N, 実
    • 平原研究室 He, N
    • 金森研究室 He, N
    • 松下研究室 He, N
    • 井澤研究室 He, N, 実
  • 基礎物理学
    • 柴田研究室 N
  • 物理学
    • 学生実験 He, N
  • 化学
    • 河合研究室 N
    • 木口研究室 He, N, 実
    • 川口研究室 N
    • 石谷・前田研究室 He, N
    • 江口研究室 He, N
    • 鈴木(啓)・大森研究室 He, N
    • 渋谷研究室 N
    • 岡田・火原研究室 N
    • 長谷川研究室 N
  • 地球惑星
    • 網川研究室 N
    • 上野研究室 N
  • 物質科学
    • 腰原・沖本研究室 He, N, 実
    • 藤本研究室 N
    • 鈴木(栄)研究室 N
    • 佐藤(満)研究室 He, N
  • 有機・高分子
    • NMR(有機)共通 He, N
    • 柿本・平川研究室 N
    • 安藤(慎)研究室 He, N
    • 森研究室 He, N, 実
    • 黒木研究室 He, N
    • 古谷(秀)研究室 N
    • 早水研究室 N
    • 手塚研究室 N
  • 材料工学
    • 鶴見・武田研究室 He, N
    • 和田研究室 He
    • 篠崎研究室 He, N
  • 応用化学
    • 田中(浩)研究室 He, N
    • 高尾研究室 N
    • 桑田研究室 He, N
    • 山中研究室 N
    • 三上・伊藤研究室 He, N
    • 和田雄二研究室 N
    • 山本研究室 N
    • 大友研究室 He, N
  • 機械物理
    • 戸倉・平田研究室 N
    • 井上研究室 He
  • 機械宇宙
    • 店橋研究室 N
  • 機械制御
    • 伏信研究室 N
  • 物理情報
    • 浅田研究室 He
  • 電子物理
    • 宮本研究室 He, N
    • 小長井・山田研究室 He, N
    • 岩本・間中研究室 N
  • 情報環境学
    • 藤井研究室 N
    • 八木研究室 N
  • 量子ナノエレクトロニクス研究センター
    • 小田研究室 He
    • 河野研究室 He
  • 炭素循環センター
    • 玉浦・辻研究室 N
    • 井原研究室 N
  • 原子炉工学研究所
    • 松本研究室 N
  • 総合安全管理センター
    • 施設安全企画課 N
  • 物性物理・極低温物性研究センター
    • 藤澤研究室 He, N
    • 大熊研究室 He, N, 実

液体窒素自動供給装置の使い方

液体窒素自動供給装置の取り扱い説明

1.メーター値がゼロであることを確認.ゼロでなければリセットボタンを押す.

写真:液体窒素自動供給装置1

2.容器をロードセル(台秤)に載せる.

写真:液体窒素自動供給装置2

3.カードを挿入し、表示データを確認する.

写真:液体窒素自動供給装置3

4.スタートボタンを押す.

写真:液体窒素自動供給装置4

5.液体窒素充填中はそばを離れないこと!また、台秤を踏まないように注意する.

写真:液体窒素自動供給装置5

6.充填が終了したら、備えつけの皮手袋を用いてパイプを抜く.

写真:液体窒素自動供給装置6

7.備えつけのノートに記録.

写真:液体窒素自動供給装置7

トラブル発生時!!

万一、液が止まらなくなったら、まずセンターの職員(1階または2階)を呼ぶ.

写真:液体窒素自動供給装置8

もし職員が見つからない場合には、貯槽(液体窒素タンク)の裏にまわり、左側のバルブを閉める

写真:液体窒素自動供給装置9

さらに詳しい取り扱い説明書は現場に置いてありますので、そちらも参照して下さい.

質問は大熊まで.写真撮影:大熊研今本、モデル:青木.

ヘリウム液化装置

液化機 L280 (Linde社)
液化能力 150リットル/h以上(純ガス使用時)
[内部精製方式、2段膨張タービン]

写真:ヘリウム液化装置1

左側が液体ヘリウム液化機本体
右側がコントローラー

 

液化用コンプレッサー DSDX302 (KAESER社)
吐出流量 1,200 Nm3/h
[スクリュー式、パッケージ収納型]

写真:ヘリウム液化器用コンプレッサー

 

回収コンプレッサー(田辺空気機械社)
吐出流量 90 Nm3/h

写真:ヘリウム液化装置2

 

液体ヘリウム貯槽 CH5000 (Wessington社)
容量 5,000リットル

写真:ヘリウム液化装置3

中央に白く見えるのが5,000リットル貯槽

 

自動汲み出し装置(守随社)
[ロードセル方式]

ヘリウムガスドライヤー
[2筒切換式]

写真:ヘリウム液化装置4

 

液体窒素貯槽(日本酸素社)
容量 11,000リットル

回収ガスホルダー
30 m3 [竪型円筒式]

バッファー用中圧タンク
16 m3 10気圧

写真:ヘリウム液化装置5

左側から液体窒素貯槽(CE)、回収ガスホルダー、中圧タンク

回収ガス貯蔵用長尺容器
75m3×12本+60m3×30本 3

写真:ヘリウム液化装置5

長尺容器の一部