トップページ >
物質が極低温下で示す顕著な量子現象を多角的に研究しています
お知らせ
夏休み中の寒剤供給(大岡山地区部門)
液体ヘリウム: 供給休止期間 8月9日(火)-8月17日(水)
(ヘリウムガスの回収は常時行っています。)
液体窒素: 供給休止期間 8月12日(金), 15日(月)
「夏季の寒剤供給について」(pdfファイル)
(更新:2022年7月4日)
液体窒素容器の貸し出し(大岡山地区)
臨時で液体窒素容器を必要としているグループ向けに、液体窒素容器の貸し出しをしています。

〇予約が必要です。
〇100 Lの自加圧容器です。
〇大岡山地区のグループのみ借りることが可能です。
〇貸し出し期間は最大2週間程度です。容器検査等で一時的に所有している容器を手放さなくてはいけない場合や、一時的に大量の液体窒素が必要な場合を想定しています。継続して必要な場合は、貸し出し対象外です。
〇極低温研究支援センターから寒剤供給を受けているグループが優先になります。

その他の貸し出し物品については学内向け情報から「備品・消耗品・その他の貸し出し物品」をご覧ください。
(更新:2022年6月7日)
2022年度 低温技術講習会の資料公開
低温技術講習会の資料を一部公開しました。(学内のみ)
(更新:2022年4月27日)
2022年度 低温技術講習会のお知らせ
日時:2022年4月27日(水)13:00~14:30
場所:Zoomによるオンライン開催
本講習会は, はじめて液体ヘリウムを使用される職員, 学生の方々を対象としています。該当する方はご出席ください。低温技術の基本に加え, 関連する法規(高圧ガス保安法)・安全教育に関する内容も含みます。液体ヘリウムを使用されている研究室から, 少なくとも1名は出席くださるようお願い申し上げます。
「低温技術講習会のお知らせ」(pdf, 学内限定)
(更新:2022年4月6日)
「極低温センターだより No. 35」発行
センターだよりNo.35を発行しました。
(更新:2022年3月31日)